スピルリナとは?栄養と効果・効能やクロレラとの違いは?

sprln5

スピルリナはアメリカのモデルやセレブの間で
人気のあるスーパーフードですが、

「理想的な栄養食品」としてアメリカのFDA
(食品医薬品局)で正式な栄養食品として認められ

NASAでは宇宙食としての開発も進められており
今後益々注目されること間違いない食品です。

そのスピルリナにはどんな効果効能があるのか、
また見た目が似ていて健康に良いと言われている
クロレラとの違いは何かをお伝えします。

関連:スーパーフードとは?定義や日本の協会が選ぶ種類と正しい選び方!プライマリー10に注目!

スポンサードリンク

スピルリナとは?

スピルリナは今から30億年以上も昔に地球上に
誕生した最古の植物と言われる藍藻類の一種で

主にアフリカや中南米の熱帯地方の塩水湖に
自生していて現地の人々は古来から食糧として
利用していました。

大きさは0.3~0.5mmと非常に小さいのですが、
想像できないほどの生命力の強さがあります。

昔は栄養学の知識はなかったものの、
経験に基づいた知恵によって

スピルリナが優れた栄養食品であることを
知っていたのでしょう。

そして近年スピルリナがバランスのとれた栄養食品
として病気の予防・改善や美容に役立っていると
注目されています。

スポンサードリンク

スピルリナの栄養と効果効能

スピルリナは生命維持に欠かせないタンパク質が
たくさん含まれています。

良質なタンパク質が摂れる食べ物の代表といえば
肉、魚、卵、大豆などですが、それらよりも
はるかに多いタンパク質が含まれています。

タンパク質の含有量
スピルリナ:65~70%
大豆:   34.3%
牛肉:   19.3%
卵:    12.7%
魚:    20.0%
※タンパク質とは
必須栄養素の1つ。筋肉、臓器、皮膚、毛髪、血液など人体の大部分は
タンパク質で構成されています。

タンパク質の他、脂質、脂肪酸、ビタミン、
ミネラル
もたっぷり含まれているうえに、

消化吸収も良いため、これらの成分が体に
スムーズに吸収されています。

それでは具体的にはどんな効果があるのでしょうか?

葉緑素(クロロフィル)の様々な効果

スピルリナには葉緑素(クロロフィル)が豊富に
含まれています。

葉緑素は「緑の血液」と呼ばれている色素で
体の中で血液の原料となります。

葉緑素の効果
 貧血改善
 二日酔いの防止
 アレルギー対策
(アトピー性皮膚炎、花粉症など)
 疲労回復
 口臭や体臭の予防や改善
 便秘の予防や改善
 しもやけを抑制
 コレステロールの低下

このように様々な効果があります。

スピルリナのビタミン群の効果

スピルリナにはビタミンB群やEが豊富に含まれています。

ビタミンB1疲労回復

ビタミンB2皮膚や各器官の粘膜を正常に保つ
働き
があり、

また成長に必要なエネルギーの代謝に
関わっているため

成長の促進に欠かせない栄養素です。
(特に子供や妊婦さん)

ビタミンB6は健康な身体や心を作るのに効果を
発揮する栄養素で

口内炎やニキビ、じんましんなど皮膚症状に
効果
があります。

その他には動脈硬化の予防やうつ病などの改善にも
効果があると言われています。

ビタミンB12悪性貧血、神経症の治療
使用されたり、

消化器疾患、皮膚疾患、内分泌障害の改善などにも
応用されています。

スピルリナのベータカロチンの効果

スピルリナにはベータカロチン(βカロチン)
クロレラの50倍、にんじんの10倍
ほうれん草の60倍と豊富に含まれています。

βカロチンの特徴といえば抗酸化
(いらゆる老化防止)作用
です。

人間の体に害を及ぼす活性酵素を除去する働き
βカロチンにはあり

ガンや生活習慣病の予防に効果がある
言われています。

そしてβカロチンのもう一つの特徴はその一部が
必要に応じてビタミンAに変化します。

βカロチンがビタミンAに変化した際の効果
 美肌効果
 成長促進効果
 視力低下の抑制(夜盲症の抑制)
 粘膜を健康に保つ
(口、鼻、のど、肺、胃や腸の健康維持)
 がん予防や抑制効果

またスピルリナにはカロテノイドの一種である
ゼアキサンチン
多く含まれています。
(βカロチンもカロテノイドの一種)

ゼアキサンチンは

●黄斑変性症を予防
●白内障を予防

など眼の病気を防ぐ効果があります。

最近はスマホやパソコンからのブルーライトが
原因で眼に活性酸素が増えてダメージを
あたえますが

ゼアキサンチンは強い抗酸化作用があり
眼い増える活性酸素から守ってくれます。

スピルリナのγリノレン酸の効果

γ(ガンマ)リノレン酸もスピルリナには豊富に
含まれています。

γリノレン酸の効果
 血糖値を下げる効果
 コレステロール値を下げる効果

 血圧を下げる効果
(これらの効果が生活習慣病を予防すると
期待されています)

 アトピー性皮膚炎を抑制する効果

 関節リウマチに対する効果

 月経前症候群
(月経前のイライラや胸の張り、むくみ、
頭痛などの症状)に対する効果

スピルリナにはこれらの栄養素の他にカルシウムや
マグネシウム、カリウムなど

日常生活で不足しがちなミネラルが豊富に
含まれており、

骨や歯、血液などの体の根本に関わっています。

クロレラとの比較

スピルリナに見た目が似ている食品でクロレラが
あります。

含まれている成分も似ていますが、
どのような違いがあるのでしょうか?

まず大きさが全く違います。
クロレラはスピルリナの1000分の1の
大きさです。

そのため製品にするのに非常に手間がかかります。

一方スピルリナはろ過によって簡単に収穫が
可能です。

そのため大量生産するのに向いており、
低価格で提供できます。

成分に関しては葉緑素(クロロフィル)が
若干クロレラのほうが多いですが、

スピルリナにはその代わりクロレラにない
フィコシアニン(青色素)という抗酸化作用

免疫関係、抗炎症作用が認められている成分が
含まれています。

その他βカロテンミネラルもスピルリナの方が
豊富に含まれています。

またクロレラは細胞壁が硬いため消化吸収が悪く、
逆にスピルリナは消化吸収が良いので

同じ量を摂った場合はスピルリナの方が
栄養成分をしっかりと吸収できます。

そしてクロレラは弱酸性ですが
スピルリナは強いアルカリ性の食品です。

人の身体は弱アルカリ性を保つ働きがありますが
肉やインスタント食品、甘い食べ物など

酸性食品ばかり食べると体は細胞や骨などから
ミネラルを出してアルカリ性に戻ろうとします。

酸性体質は万病の元と言われています。
自分の体が酸性体質だと実感している方は

アルカリ性の強いスピルリナを摂るほうが良いです。

このようにクロレラとスピルリナどちらを選ぼうか
悩んでいる方はスピルリナをおすすめします。

スピルリナはお店よりもネット販売の方が
購入しやすいです。

スピルリナは粉末と粒のタイプがあります。

粉末はヨーグルトや牛乳に混ぜたり
チャーハンや焼きそばなどの上からかけたりと
色々な食べ方があります。

粒の場合はそのまま水と一緒に飲むだけなので
簡単に摂りたい方は粒タイプをおすすめします。

スピルリナ(アマゾン)

まとめ

スピルリナには多くの効果や効能があり、
摂取し続けると

体質がアルカリ性になって身体全体の
新陳代謝が活発になり

細胞が活性化されて自然治癒力が高まるので
病気知らずの健康体に改善します。

そして皮膚や髪もどんどん新しく
生まれ変わっていくので
美容の効果も期待できます。

スピルリナは真の健康と美容を実現する
スーパーフードです。

ぜひ一度試してみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ