脂肪肝とは?その症状と原因や改善方法を紹介!コーヒーが脂肪肝に効果あり

脂肪肝の患者は国内に約1,000万人いるといわれています。

ただ脂肪肝は自覚症状がないため気づきにくく、
症状を自覚した時にはNASH(非アルコール性脂肪肝炎)から
肝硬変肝がんに至るケースもあります。

脂肪肝という病気をしっかり把握して対策をしっかりとりましょう。

関連記事:肝臓に良い数値を下げる食べ物やサプリは?肝臓病患者は鉄分摂取に注意

関連記事:肝臓の数値の異常や高い場合の原因や疑われる病気について!

スポンサードリンク

脂肪肝は病気?

脂肪肝は飲みすぎや食べ過ぎ、運動不足などが原因で
肝臓に脂肪がたまり、フォアグラ状態になる病気です。

脂肪肝は2種類あり
飲酒習慣が原因のアルコール性脂肪肝
飲酒しなくても発生する非アルコール性脂肪肝(NAFLD)
分けられます。

アルコール性脂肪肝は大量の飲酒が原因で肝臓に慢性炎症が起こり
やがて肝硬変、肝がんを発症するリスクが高く、

これまで医者が注意喚起していたのはこのアルコール性脂肪肝でした。

ところが最近では飲酒習慣がなくても肝硬変を発症する例などの
研究が進み、症状が脂肪の蓄積にとどまると考えられていた

NAFLD(非アルコール性脂肪肝)患者の1~2割が肝硬変や肝がんに
移行する非アルコール性脂肪肝炎(NASH)になることがわかってきました。

NASHに移行した場合黄だんや全身の倦怠感などを自覚する人もいるが
症状を自覚した時には肝硬変や肝がんに至るケースも多いです。

NASH

炎症を起こす前段階のNAFLDの状態ならば
食事や運動の改善で健康な肝臓に戻せます。

スポンサードリンク

脂肪肝になりやすい人

脂肪肝は飲みすぎ食べ過ぎ、運動不足の人以外に

寝不足の人や糖尿病の人も注意が必要です。
また最近は女性の脂肪肝も20代の有病率は数%ですが
閉経後の50代以上になると有病率が20~30%と高くなります。

男性は30~60代まで年代差はほぼなく有病率は30~40%です。

そしてNAFLD(非アルコール性脂肪肝)の状態ならば
改善の余地があるということは、早期発見が必要になります。

健康診断で血液検査の数値に異常値があればエコーの検査を
受けてください。

明確な診断基準がないため、エコーで肝臓の画像を見て
医師が総合的に判断するしかないためです。

血液検査でチェックすべき項目と基準値
AST 30U/L  以下が正常
ALT 30U/L  以下が正常
この数値以上だと注意が必要です。

脂肪肝にならないように、又は脂肪肝が疑われたら
予防・改善に取り組みましょう。

脂肪肝の予防と改善

脂肪肝対策「食事編」

食事は総摂取カロリーに注意をしつつ、脂肪量をなるべく抑え
糖質もとりすぎに注意しましょう。

食物繊維は腸内環境を整えるだけでなく、高脂肪食と一緒にとることで
脂肪を燃えやすくするという報告があります。

脂肪肝を防ぐ食事のポイント
 赤身肉や魚など良質なタンパク質をとる
 糖質、脂質の過剰摂取を避ける
 アルコールは禁酒もしくは摂取を心がける
 野菜や海草、キノコ類などを十分摂取し
食物繊維やビタミンをとる

また脂肪肝の原因の一つと考えられているのが酸化ストレスです。
そのため抗酸化作用のあるビタミンやポリフェノール類を含む野菜や
果物をとるのがおすすめです。

抗酸化成分の多い野菜やフルーツ
 ブロッコリー
 スプラウト
 トマト
 玉ねぎ
 リンゴ
 バナナ
 オレンジ
 グレープフルーツなど
アサイー、マキベリー、スピルリナなどの
スーパーフードにも抗酸化成分が多く含まれています。

そして近年注目されているのが1日にコーヒーを
2杯以上飲むと脂肪肝の発症率低下するという報告
もあります。
(三越総合検診センター所長の船津和夫医師による)

またこの報告だけでなく国立がんセンターが
「コーヒーを多く飲む人ほど肝がんを予防する」とい
データを発表しました。

こちらの報告では
「コーヒーを1日3杯飲むと肝細胞がんのリスクが半分になる」という
結果も得られているようです。

コーヒーには抗酸化作用の働きがある成分が含まれているので
是非毎日飲んでもらいたいですが、その際は必ずブラックコーヒーを飲みましょう。

缶コーヒーもブラックであれば良いですが、それ以外だと
体に良くない添加物が結構入っているのでおすすめできません。

脂肪肝対策「運動編」

食事に気をつけるのに加えて、運動を組み合わせると
脂肪肝を改善する効果はよりアップします。

効果が得られる目安は汗がにじむほどの運動を
1日30分以上続けることなのですが、
それは難しい方が多いと思います。

できれば1日30分以上の早歩きを心掛けてください。

電車の駅を1駅前で降りるなど、少しでも歩く時間を増やし
尚且つダラダラでなく、早歩きをするようにしましょう。

脂肪肝対策「睡眠編」

睡眠が6時間以下では脂肪肝のリスクが高まると言われています。

睡眠時間が短いと食欲を司るホルモンのグレリンやレプチンのバランスが
崩れて食欲が増進することが多いようです。

また睡眠不足は血糖値のコントロールも難しくなり、
肝機能の状態を悪くすることが分かっており

糖尿病と脂肪肝を併発することも多いようです。

まとめ

肝臓は「沈黙の臓器」と言われるほど病気になっても
自覚症状がないので危険と言われています。

NASHになると肝硬変や肝がんになる可能性が高くなるのは
もちろんのこと、NASHになってから健康な肝臓に戻すことが

とても難しく、薬物治療もビタミンE剤などに限られます。

そして50代の女性でNASHにかかると2人に1人が肝硬変になると
言われています。

なので脂肪肝の時点で改善しないといけませんが

「これだけやれば良い」という方法は存在せず
「脂肪肝対策に王道なし」と言われています。

毎日コツコツと食事・運動・睡眠の改善に取り組みましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ