カフェインのとり過ぎの危険性!許容摂取量と多く含まれる食品や商品は?

79ec017077dd34463d7b3b1195f35362_s

先日「エナジードリンク」と呼ばれるカフェイン
大量に含む清涼飲料水を大量に飲んだ男性が

中毒死したというニュースがあったのは
ご存知の方も多いと思います。

過去10年で初ということでカフェインの副作用が
あると知っていても驚いた人が多いのでは
ないでしょうか?

カフェインのを摂り過ぎるとどのような
副作用や危険があるのか?

また推奨される摂取量や致死量、
そしてカフェインが多く含まれる飲み物や
食べ物を紹介します。

スポンサードリンク

カフェインの効果と危険性に関して

3861664793afe4d3b1bcdb86284b92df_s

カフェインはコーラ、コーヒー、紅茶、緑茶
チョコレートなどに含まれていて

特に今回事件に関係している「エナジードリンク
には特に多く含まれていると言われています。

カフェインは適量であれば多くの効果や効能があり

 覚せい作用
 脂肪燃焼
 集中力アップ
 片頭痛緩和の作用
 筋肉疲労緩和
 眠気をなくす
 脳卒中の危険を減らす

などが期待されています。

ただし過剰摂取すると
急性中毒症になる可能性が高く

●神経過敏
●興奮
●睡眠障害
●顔面紅潮
●おう吐
●頭痛

などの症状が現れることがあります。

またカフェインは心臓に作用して心拍数を上げたり
利尿作用もあるので

脱水気味なのにカフェイン飲料を摂取すると
心臓にむちを入れることになります。

特に疲れている人が大量摂取すると身体への負担が
大きくなり、

耐性ができやすく摂取量を増やしていかないと
効かなくなります。

逆に耐性ができてからカフェインを摂らなくなると
頭痛などの離脱症状も強くなります。

また多量摂取だけでなくアルコールとの併用は危険です。

そして注意しなくてはならないのは
授乳中のお母さんと妊婦さんです。

授乳中のお母さんがカフェインと摂ると
一部母乳に混ざってしまい
赤ちゃんがカフェインを摂取してしまいます。

赤ちゃんはカフェインを消化するのに
時間がかかり、

カフェインの影響によってイライラして
情緒不安定になったり、夜泣きをすることもあります。

また妊婦さんがカフェインを摂取すると母子ともに
血液中のカフェインの濃度は同じになるので

過剰摂取に注意をしなくてはなりません。

詳しくは:ルイボスティーが赤ちゃんにおすすめの理由!カフェインは妊婦や授乳中にも悪影響

スポンサードリンク

カフェインの許容摂取量と致死量について

ではカフェインの摂取量に関して国内では
決まりがあるのでしょうか?

実は内閣府の食品安全委員会によると、
現在国内では食品中のカフェインの摂取許容量は
設定されていません。

WHO(世界保健機関)では1日300mgまで
カフェインの摂取を推奨していて

海外のリスク管理機関などが目安として
勧告している1日当たりの摂取量は

健康な成人で400㎎(コーヒー マグカップ3杯分)
4から6歳の子どもで45㎎(およそ350mlのコーラ一缶分)

妊婦に関してはイギリスでは200㎎
カナダやアメリカでは300㎎です。
(コーヒー マグカップ2杯分)

ただしスウェーデンの研究では
1日100㎎以上のカフェインを摂取している場合に

流産する人が多く摂取量が増加することに
その率が増加したという報告もあるので

妊婦さんはなるべくカフェインを摂らないように
気をつけましょう。

おう吐や睡眠障害といった急性中毒症
1日500mg以上を継続して摂取したり

短時間(血中濃度が半分に下がるのは3~6時間
以内)に500mg以上摂取すると

発症する可能性が高いと言われています。

致死量に関しては
血中濃度から推定される経口摂取による場合は
3,000ミリグラム(3グラム)程度です。


カフェインが含まれる食品や商品の含有量は?

adfc089d89e59c0203508992220e2e7d_s

では実際にカフェインが含まれる食品は
どのようなものがあるのでしょうか?

マグカップ一杯(150mℓ)のカフェインの量

コーヒー(煎り豆・ドリップ):100㎎
玉露:180mg
ココア:50mg
紅茶:30mg
ウーロン茶:30mg
緑茶(煎茶):30mg

コーラ1缶(350ml):34ml
コーラゼロ1缶:50mg

チョコレート(100g)の場合
ダークチョコレート:59mg
ミルクチョコレート:20mg
ホワイトチョコレート:5mg

ただしお茶の木から作られる緑茶、烏龍茶、紅茶など
は旨み成分テアニンが緊張を解いたり、
気持ちをリラックスさせる働きがあります。

緑茶などを飲んでも神経が高ぶらないのは、
カフェインの興奮作用をテアニンが抑制している
からと言われています。

では具体的な商品(1本分)のカフェインの含有量は

缶コーヒー
ボス・ドライブショット:166.5㎎
ワンダゼロマックスプレミアム:148㎎

栄養ドリンク
モンスターエナジー:144㎎
レッドブル:80㎎

その他のドリンク

眠眠打破:120mg
メガシャキ:100mg
ユンケル:50mg
リゲイン:50mg
ペットボトル濃い紅茶:100~170mg

※これらは1本分のカフェイン量なので
元々の量は違います。

また日本では発売していませんが

bangエナジードリンク
1本分の内容量が473mlでそのうち
カフェインが375mgも入っているものがあります。

今は海外でしか販売していない商品を
ネットで簡単に手に入れることができるので

購入したならば必ずカフェインの量に
注意して飲んでください。

まとめ

カフェインは体に悪い成分ではなく
適量であれば健康を促進してくれるので

必要以上にカフェインを摂らないように
気をつける必要はありません。

またお茶などは比較的多めに
とっても問題ないようですが

栄養ドリンクやコーヒーの過剰摂取は
注意してください。

特に妊婦さんや授乳中のお母さんは
赤ちゃんに影響を与えることがあるので

カフェインが含まれる飲み物は特に
気をつけましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ