ブルーライトの影響とその危険性や対策!特にスマホは注意が必要な理由と目に効く成分は?

6a42236a47828190a6d5a99f0beed716_s
スマートフォンなどから出るブルーライト
影響について色々と騒がれている記事を

見かけることがありますがご存知でしょうか?

目に異常を感じたり目の病気になるだけでなく
人体にも影響を与える可能性もあります。

ブルーライトの危険性を知って
しっかりとした対策を取るようにしましょう。

スポンサードリンク

ブルーライトとは?

ブルーライトとは波長が380~500nm
(ナノメートル)の青色の光線です。

目に見える光である可視光線の中でも
最も波長が短くてエネルギーが強く

目の表面の角膜や水晶体で吸収されずに
網膜まで到達します。

太陽の光にも含まれていますが、
LEDをバックライトにしたパソコン、スマートフォン

ゲーム、テレビ、タブレットなどのデジタル機器からも
発生しています。

そして意外なの点はブル―ライトが多く発生するのは
画面が大きいテレビやパソコンだと思うかもしれませんが

実は一番強いのはスマホのブルーライトです。

ではブルーライトが目や人体にどのような
影響が考えられるのでしょうか?

スポンサードリンク

ブルーライトの眼や人体への危険性

眼の悪影響

ブルーライトに関する影響は今まさに研究中で
どのくらいの量を浴びると影響が出る
というのはまだわかっていません。

ですがスマホ、パソコンなどLEDの液晶を
見続けるようになってから

目の疲れを感じるようになり眼科に行く方は
急増しています。

スマホなどの画像はドットで構成されていて
ギザギザしているので

印刷物よりもピントを合わせるのに
負担がかかります。

そして画面から強い光を発しているので
瞳孔(どうこう)を小さくするために
目の筋肉を酷使し

さらに長時間見続けると目の疲れや痛み、
ドライアイなどの症状がでます。

目の病気で考えられるのは加齢黄斑変性です。

加齢黄斑変性とは?
「ものがゆがんで見える」
「左右で大きさが違って見える」などの
症状から始まり、

徐々に視力が低下し見ようとすると
範囲の中心部が見えなくなります。

進行すると見にくい範囲が広がり
重症の視力低下となり失明に至ることも
あります。

加齢という文字が入るので高齢者が
かかりやすいのですが

最近は子どもの時からゲームやスマホなどで
ブルーライトを浴び続けると

若くても加齢黄斑変性になる可能性がある
眼科医は指摘しています。

人体への影響

ヒトの体内にメラトニンというホルモンが
増えることによって眠気が生じ、

太陽の光をあびるとメラトニンが減少し
眠気がなくなって目覚めます。

このように太陽が出ている間は元気に動いて
夜になると段々眠くなるというのは

太陽の光によって体内時計が常に正常に
機能していることを意味します。

これは太陽の光の中のブルーライトの働きにより
生活力リズムが整えられているのです。

ただ現代は夜になってもスマホやパソコンなどの
人工的なブルーライトを長時間浴び続けています。

これによって体内時計が狂ってしまい、

●頭痛
●肩こり
●睡眠障害
●慢性疲労
●うつ病
●脳神経への影響
●肥満

などの悪影響が考えらると言われています。

夜にブルーライトを長時間浴び続けるのが
悪いとわかっていても

パソコンは仕事で必要ですし、
夜に「スマホを見ないなんて無理」という
人が多いと思います。

ではどのような対策を取るのが効果的でしょうか?



ブルーライト対策で目を守る

ブルーライトカットフィルムを貼る

スマホパソコンニンテンドー3DS専用
ブルーライトをカットするフィルムがあるので
それらを使用するようにしましょう。

スマホに関しては機種によっては
ブルーライトカットモードもありますし

ブルライトカットアプリもあるので
それも使用するようにしましょう。

ブルーライトカットめがねを使用する

ブルーライトカットフィルムに
ブルーライトをカット専用のめがねを
使用することによって

かなり目の負担を軽減することができます。

目の健康や眼病予防に効果のある成分

目の健康に良い成分はいくつかありますが
それらを多く含む食べ物やサプリメントを
継続して摂るようにしましょう。

◎ルテインとゼアキサンチン

網膜の中心部である黄斑の構成成分は
ともにカロテノイドの一種である
ルテインゼアキサンチンです。

黄斑の周辺部はルテイン
黄斑の中心部はゼアキサンチンが主要な
構成成分になっています。

ルテインとゼアキサンシンは強い抗酸化作用があり
ブルーライトのダメージを緩和したり

加齢黄斑変性症に対する予防・改善も
期待されています。

特にルテインは眼だけでなく肌も紫外線から
守ってくれたり美肌効果もあるので

高齢者だけでなく若い人にもおすすめです。

また、加齢とともに目の中になるルテイン
ゼアキサンチンは減少しやすいので

多く含まれている食品やサプリメントで
積極的に摂るようにしましょう。

ルテインが多く含まれている食べ物は
ほうれん草ケール(青汁がおすすめ)です。

ゼアキサンチンもほうれん草に多く含まれていて
その他パプリカ、トウモロコシ

最近はスーパーフードとして注目されている
ゴジベリー(クコの実)にも多く含まれています。
(杏仁豆腐の上に乗っている赤い実です)

6d6fa94a65dd9f20b40efc6c70514370_s

◎アスタキサンチン

サケやいくらなど赤い魚などに多く含まれる
アスタキサンチンルテインゼアキサンチン
同じカロテノイドの一種で強力な抗酸化作用が
あります。

アスタキサンチンの抗酸化力は

  • リコピンの1.6倍
  • ルテインの2.6倍
  • β-カロチンの5倍
  • コエンザイムQ10の800倍
  • ビタミンEの1,000倍
  • ビタミンCの6,000倍

とあらゆる抗酸化成分の中でもトップクラスです。

アスタキサンチンというと化粧品などに
最近は使われることが多いので

美肌・美白成分として認識している人が
多いようですが目にも効果があります。

活性酸素は体内のあらゆるところに
発生し、

一定量以上に増えすぎると病気になる
可能性が高くなります。

特に目は常に紫外線にさらされるため、
目の表面や内部では大量の活性酸素が
発生していますが、

強力な抗酸化力を持つアスタキサンチンが
活性酸素を除去してくれます。

そしてアスタキサンチンがすごいのは
抗酸化力だけでなく、その透過性です。

目や脳は情報を処理する重要な器官で
目や脳を有害な物質から守るために、
血液脳関門、血液網膜関門という
フィルターのようなところがあります。

このフィルターは狭くてなかなか通りづらく
ビタミンCやビタミンE、βカロチンなど多くの
抗酸化成分は入ることができません。

ですがアスタキサンチンはこの目のフィルターを
通って目の奥の細部にまで届くので

眼精疲労や白内障、加齢黄斑変性などにも
効果があると期待されています。

また眼精疲労を訴える人に1日5mgの
アスタキサンチンを4週間摂取してもらった実験では
有意な症状の改善が見られたという報告もあります。

◎クロセチン

この成分もカロテノイドの一種で
強い抗酸化作用があります。

クロセチンは特に眼精疲労に効果的な
成分として知られていて分子量が小さく

目の筋肉に直接働きかけることで
コリをほぐしてピント調節機能を助けたり、
眼精疲労を軽減する効果があります。

またクロセチンはアスタキサンチンと
一緒に摂ることで互いに働き合い、
眼精疲労を改善する効果がより強まります。

◎アントシアニン

ブルーベリーなどに多く含まれる
アントシアニンも目に良いと言われれる
成分ですが

こちらはカロテノイドではなく、
ポリフェノールの一種です。

目の網膜にある紫色の色素のロドプシンは
光にあたるとビタミンAに分解されて、
もう一度ロドプシンに戻ります。
(これを再合成と言います)

パソコンやスマホなどを長時間見続けると
再合成が間に合わずにロドプシンが減少し
眼精疲労などの原因となります。

アントシアニンはロドプシンにの再合成を
促進して眼精疲労を回復し、

視力を改善する働きがあるとされています。

◎DHA

オメガ3系脂肪酸のDHAは青魚に
多く含まれる脂肪酸で以前は

「子どもがDHAを摂ると頭がよくなる」と
言われた成分ですが、実は目にも良い成分なのです。

目の網膜の脂肪の約50~60%はDHAが占めていると
言われていますが

DHAは目の網膜からの情報をすばやく脳に
伝達する働きがあり、視力の維持や回復に
つながっていると言われています。

またDHAが多い青魚を習慣的に食べると
ドライアイのリスクが軽減されると言われています。

目に良い成分をいくつか紹介してきましたが
それぞれ働きが違います。

ルテイン、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、
クロセチンは同じカロテノイドの一種で
強い抗酸化作用があり

ブルーライトや紫外線などでできた活性酸素を除去し
眼精疲労や白内障、加齢黄斑変性などに効果があります。

アントシアニンはポリフェノールの一種で
こちらも抗酸化作用があり

ロドプシンにの再合成を
促進して眼精疲労を回復し、視力を改善する効果があります。

そしてオメガ3脂肪酸のDHAは
目の網膜からの情報をすばやく脳に
伝達する働きがあり、視力の維持や回復の効果があります。

そして今まではルテインやゼアキサンチンや
アントシアニンが目に良い成分と注目されていましたが

最近ではアスタキサンチンの強力な抗酸化作用と
目の奥までに届く透過性、

さらにクロセチンと一緒に摂ることで
相乗効果が強まると期待されています。

ただこれらの成分を摂るために別々に
サケや青魚、ブルーベリーなどを毎日食べるのは
難しい人が多いので、

これらの成分が複数入っているサプリメントを
おすすめします。




眼精疲労や眼病予防におすすめのサプリメント

眼精疲労や眼病予防に効果があると期待される
サプリメントはいくつかありますが

その中でも実際に飲んでみて良かったものを
紹介します。

私も1日数時間もパソコンを使用しますし、
スマホもよく見るので、

目の疲れが激しく、そのせいか肩こりも
ひどいです。

そこで目に良く効くサプリを探していたのですが

  • 目に効くと言われれる成分が何種類入っているのか?
  • 含有量はどれくらいなのか

という点です。

先程紹介した成分ができるだけ多くの種類が
入っているのが望ましいですが、

微量では意味がないので、種類と量が
どちらも多いサプリを買って実際に飲んでみました。

まず飲んでみたのは「めなり」というサプリメントです。

DSC_0001

このサプリに含まれている目に効く成分と配合量は

  • ビルベリーエキス(アントシアニン):170mg
  • ルテイン:12mg
  • ゼアキサンチン2.4mg
  • アスタキサンチン:1mg
  • クロセチン:微量

と種類も多く、特にアントシアニンや
ルテイン、ゼアキサンチンはサプリの中でも
トップクラスの含有量です。

1箱60粒で1日2粒を飲むのが推奨されていて(1ヶ月分)
私は朝晩1粒ずつ飲んでいます。

DSC_0020

このサプリにはその他にもβカロテンや
ビタミンB1、B2、B6、B12、C,E、
亜鉛、銅が含まれていて

粒も小さくで飲みやすいです。

初回はお試し価格の908円(税抜)送料無料ですので
本当に効くのかどうが試してみたい方におすすめです。
(15日間の返金保証もついています)

2回目からは2980円(税抜)となりますが、
回数に縛りがないので

1回目で効果が出なければ2回目以降キャンセルできるので
安心して注文することができます。

長時間のパソコン仕事に【めなり】のホームページはこちら

そしてもうひとつおすすめなのが
EYE JUST(アイジャスト)」です。

このサプリに含まれている目に効く成分と配合量は

  • アスタキサンチン:6mg
  • クロセチン:7.5mg
  • DHA:約30mg

とアスタキサンチンの量が多く、
さらにクロセチンと一緒に摂ると効果が
さらに強くなるという点でおすすめです。

先程アスタキサンチンを5mgを継続して摂取して
眼精疲労が軽減されたと紹介しましたが

目には1日6mg程度で効果が出ると言われているので
アイジャストのアスタキサンチンの含有量は
理想的ですね。

さらにドライアイや眼精疲労に効果があると
期待されているDHAもたっぷり含まれているのも
プラスポイントですね。

そしてもうひとつのおすすめの理由が
機能性表示食品ということです。

機能性表示食品とは?
「おなかの調子を整える」
「脂肪の吸収をおだやかにする」など、
健康の維持や増進などに役立つ健康効果を
「機能性」と言います。

その「機能性」をパッケージや広告などに
表示できる食品のことを機能性表示食品と言います。

「アイジャスト」の商品パッケージには

「アスタキサンチンは眼のピント調節機能を助けることと、
パソコン作業などによる疲労感を軽減することが
報告されています。」

と記載されています。

「めなり」は機能性表示食品ではなく、もちろん
薬品でもないサプリメント(健康食品)なので
商品に眼に対する効果を記載させることはできません。

その点でもアイジャストは信頼性が高いサプリと
言えるでしょう。

アスタキサンチンの含有量が多いとどうしても
金額が高くなりますが、

こちらは初回購入の場合は
1,980円(税抜、送料無料)とお買い得です。

2回目以降は4,980円(税抜)となり
最低3回の継続が必要になります。

アイジャストは1日1粒のみで粒も
小さくとても飲みやすいです。

アスタキサンチンがこれだけ多く含まれているならば
眼の疲れだけではなく、美肌や美白効果も期待できますね。

強い眼精疲労の方におすすめのサプリメントです。

目のピント調整機能を助けるRIZAPの機能性表示食品【アイジャスト】

【めなり】はルテインとゼアキサンチン、アントシアニンが
多い商品なので眼の病気の予防や初期の眼精疲労に、

【アイジャスト】はアスタキサンチンとクロセチン
と抗酸化成分が強力ななので

つらい、または長期の眼精疲労に悩んでいる方、
白内障、加齢黄斑変性などの予防に
おすすめの商品です。

まとめ

ブルーライトは眼だけでなく体に多くの
悪影響を及ぼします。

特にスマホは画面が他のデジタル機器に
比べて一番小さいにも関わらず

ブルーライトが一番強いという結果が
出ているので注意しなければなりません。

一番悪いのはスマホを夜暗い中ベッドで
見ることです。

どうしてもやめられないという人は
ブルーライドカットモードしたり
フィルムを貼ったりして

同時にブルーライトカットめがねを
かけるようにしましょう。

ただ仕事などでどうしてもパソコンを
長時間使用したりする必要がある方は

目に良い成分が多く含まれている食べ物や
サプリメントを飲んで眼の疲れを和らげるように
しましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ