ブルーライトの影響とその危険性や対策!特にスマホは注意が必要な理由

6a42236a47828190a6d5a99f0beed716_s
スマートフォンなどから出るブルーライト
影響について色々と騒がれている記事を

見かけることがありますがご存知でしょうか?

目に異常を感じたり目の病気になるだけでなく
人体にも影響を与える可能性もあります。

ブルーライトの危険性を知って
しっかりとした対策を取るようにしましょう。

スポンサードリンク

ブルーライトとは?

ブルーライトとは波長が380~500nm
(ナノメートル)の青色の光線です。

目に見える光である可視光線の中でも
最も波長が短くてエネルギーが強く

目の表面の角膜や水晶体で吸収されずに
網膜まで到達します。

太陽の光にも含まれていますが、
LEDをバックライトにしたパソコン、スマートフォン

ゲーム、テレビ、タブレットなどのデジタル機器から
発生しています。

ブル―ライトが多く発生するのは画面が大きい
テレビやパソコンだと思うかもしれませんが

実は一番強いのはスマホのブルーライトです。

ではブルーライトが目や人体にどのような
影響が考えられるのでしょうか?

スポンサードリンク

ブルーライトの眼や人体への危険性

a18f402a773b256ecb4f4736d1b740f7_s

眼の悪影響

ブルーライトに関する影響は今まさに研究中で
「どのくらいの量を浴びると影響が出る」
というのはまだわかっていません。

ですがスマホ、パソコンなどLEDの液晶を
見続けるようになってから

目の疲れを感じるようになり眼科に行く方は
急増しています。

スマホなどの画像はドットで構成されていて
ギザギザしているので

印刷物よりもピントを合わせるのに
負担がかかります。

そして画面から強い光を発しているので
瞳孔(どうこう)を小さくするために
目の筋肉を酷使し

さらに長時間見続けると目の疲れや痛み、
ドライアイなどの症状がでます。

目の病気で考えられるのは加齢黄斑変性です。

加齢黄斑変性とは?
「ものがゆがんで見える」
「左右で大きさが違って見える」などの
症状から始まり、

徐々に視力が低下し見ようとすると
範囲の中心部が見えなくなります。

進行すると見にくい範囲が広がり
重症の視力低下となり失明に至ることも
あります。

加齢という文字が入るので高齢者が
かかりやすいのですが

最近は子どもの時からゲームやスマホなどで
ブルーライトを浴び続けると

若くても加齢黄斑変性になる可能性がある
眼科医は指摘しています。

人体への影響

ヒトの体内にメラトニンというホルモンが
増えることによって眠気が生じ、

太陽の光をあびるとメラトニンが減少し
眠気がなくなって目覚めます。

このように太陽が出ている間は元気に動いて
夜になると段々眠くなるというのは

太陽の光によって体内時計が常に正常に
機能していることを意味します。

これは太陽の光の中のブルーライトの働きにより
生活力リズムが整えられているのです。

ただ現代は夜になってもスマホやパソコンなどの
人工的なブルーライトを長時間浴び続けています。

これによって体内時計が狂ってしまい、

●頭痛
●肩こり
●睡眠障害
●慢性疲労
●うつ病
●脳神経への影響
●肥満

などの悪影響が考えらると言われています。

夜にブルーライトを長時間浴び続けるのが
悪いとわかっていても

パソコンは仕事で必要ですし、
夜に「スマホを見ないなんて無理」という
人が多いと思います。

ではどのような対策を取るのが効果的でしょうか?

ブルーライト対策

ブルーライトカットフィルムを貼る

スマホパソコンニンテンドー3DS専用
ブルーライトをカットするフィルムがあるので
それらを使用するようにしましょう。

スマホに関しては機種によっては
ブルーライトカットモードもありますし

ブルライトカットアプリもあるので
それも使用するようにしましょう。

ブルーライトカットめがねを使用する

ブルーライトカットフィルムに
ブルーライトをカット専用のめがねを
使用することによって

かなり目の負担を軽減することができます。

ルテインとゼアキサンチンが豊富な食べ物

網膜の中心部である黄斑の構成成分は
ともにカロテノイドの一種である
ルテインゼアキサンチンです。

黄斑の周辺部はルテイン
黄斑の中心部はゼアキサンチンが主要な
構成成分になっています。

ルテインとゼアキサンシンは強い抗酸化作用があり
ブルーライトのダメージを緩和してくれます。

特にルテインは眼だけでなく肌も紫外線から
守ってくれたり美肌効果もあるので

高齢者だけでなく若い人にもおすすめです。

また、加齢とともに目の中になるルテイン
ゼアキサンチンは減少しやすいので

多く含まれている食品やサプリメントで
積極的に摂るようにしましょう。

ルテインが多く含まれている食べ物は
ほうれん草ケール(青汁がおすすめ)です。

ゼアキサンチンもほうれん草に多く含まれていて
その他パプリカ、トウモロコシ

最近はスーパーフードとして注目されている
ゴジベリー(クコの実)にも多く含まれています。
(杏仁豆腐の上に乗っている赤い実です)

6d6fa94a65dd9f20b40efc6c70514370_s

ただこれらの食べ物を多く食べるのが難しい方は
サプリメントで補いましょう。

私が飲んでいるのは「めなり」というサプリメントです。

DSC_0001

このサプリは目の病気の予防効果がある
アントシアニンやブルーライトのダメージから守ってくれる
ルテインゼアキサンチンがたっぷりと配合されています。

1日2粒を飲むのが推奨されていて私は
朝晩1粒ずつ飲んでいます。

DSC_0020

このサプリにはその他にもβカロテンや
ビタミンB1、B2、B6,B12,C,E、

亜鉛や銅と

粒も小さくで飲みやすいです。

長時間のパソコン仕事に【めなり】

初回はお試し価格の908円(税込)で送料無料ですので
本当に効くのかどうが試してみたい方におすすめです。



まとめ

ブルーライトは眼だけでなく体に多くの
悪影響を及ぼします。

特にスマホは画面が他のデジタル機器に
比べて一番小さいにも関わらず

ブルーライトが一番強いという結果が
出ているので注意しなければなりません。

一番悪いのはスマホを夜暗い中ベッドで
見ることです。

どうしてもやめられないという人は
ブルーライドカットモードしたり
フィルムを貼ったりして

同時にブルーライトカットめがねを
かけるようにしましょう。

また眼にダメージを与える活性酸素から
守ってくれるルテインやゼアキサンチンを

多く含む食べ物を積極的に
食べるようにしてください。

若い人にも眼の病気にかかる人が
増えているので対策をしっかりとりましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ