リンゴ酢の栄養と効果効能がすごい理由!効果的な飲み方と注意点、睡眠障害に効くって本当?

84c5cea45327b60380bea381bc611292_s

リンゴ酢はお酢の中でも一番飲みやすいので、お酢が苦手な人でも「リンゴ酢なら飲める」という人が多いですね。

リンゴ」も「お酢」もどちらも健康や美容、ダイエットに効果がある食べ物ですが、その2つが一緒になることで実際にどのような効果や効能が期待できるのか?

そして正しい飲み方や注意点についてもお伝えします。

スポンサードリンク

リンゴ酢の栄養成分と効果効能

リンゴ」と「お酢」には豊富な栄養成分が含まれていますが、具体的にどのような栄養素が含まれているのか
ご存知でしょうか?

まずはそれぞれの注目の成分を紹介します。

リンゴの栄養と効果効能

リンゴは「1日1個で医者いらず」という程豊富な栄養素が含まれていますが、まず注目される栄養成分がリンゴポリフェノールです。

リンゴポリフェノールの効果効能

このリンゴポリフェノールプロシアニジンエピカテキンなど100種類以上のポリフェノールが含まれていると言われています。

リンゴポリフェノールの効果効能は

①ダイエット効果
リンゴポリフェノールは消化吸収を抑える作用があり

●血中中性脂肪低下
●脂肪蓄積の抑制

などの効果があると言われています。

血液中の中性脂肪が多すぎる症状は「高脂血症」と呼ばれ、

  • 動脈硬化
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 脂肪肝

などさまざまな病気を招く原因となります。

ですがリンゴポリフェノールの中性脂肪低下の効果によりダイエット効果や生活習慣病の予防などが期待されます。

②美容・健康効果

リンゴポリフェノールは強い抗酸化作用があります。

体内を酸化させる活性酸素が過剰に増えると老化が早まってしまい、肌の老化であるシミやしわなどが増えてしまいます。

また、細胞や血管が老化すると動脈硬化・糖尿病などの生活習慣病やガンといった多くの病気の原因となりますがリンゴポリフェノールの作用によりシミやしわを予防する美肌効果や病気の予防効果が期待されます。

また美白効果もあります。

リンゴポリフェノールには紫外線によって作られるシミの素であるメラニンを抑制する研究結果も出ています。

また紫外線の蓄積によるしわを抑制する効果も㈱ファンケルにより発表されています。

参照;第10回日本抗加齢医学会総会
リンゴポリフェノールに皮膚老化抑制効果を発見

その他にも

運動後の疲労回復軽減(ヒトへの実験)
筋力アップ(動物実験)
寿命延命(動物実験)

などの多くの効果が実験により証明されています。

ペクチンの効果効能

リンゴには水溶性食物繊維の一種であるペクチンが多く含まれています。

そのペクチンは善玉コレステロールやビフィズス菌への養分になり

腸内環境を改善するので便秘解消だけでなく下痢にも効果が期待できます。

その他にもカリウムにはむくみを解消したり体外へ塩分を外に出す作用があり、高血圧に効果があると言われています。

そしてリンゴ酸やクエン酸には疲労回復効果新陳代謝を高める効果があります。

リンゴについての詳しい効果効能は

皮付きリンゴの効果効能がすごすぎる!注目の栄養成分リンゴポリフェノールやレスベラトロールなどについてをご覧ください。

スポンサードリンク

お酢の効果効能

一方のお酢の主成分は酢酸ですが、こちらも実験により多くの効果や効能が証明されています。

疲労回復:クエン酸の効果

内臓脂肪減少:ダイエット効果

血糖値の上昇を緩やかにする

血中脂質や血圧を下げる作用

美肌効果(シミ・しわ防止)

ビタミンCの破壊酵素の働きを弱める作用や新陳代謝を盛んにして肌の老廃物を残さない為シミ・しわが出にくい

血液サラサラ効果

動脈硬化などの生活習慣病予防コレステロール値、血糖値、血圧の減少

カルシウムの吸収促進:骨粗しょう症予防

食欲増進:夏バテ予防

免疫力アップ:かぜなどをひかなくなる

ストレス抑制

便秘解消

と本当に多くの効果や効能がありますね。

このようにリンゴとお酢どちらにも多くの効果が期待できますが

共通するのは

  • 生活習慣病の予防
  • 疲労回復
  • ダイエット効果
  • 美肌効果
  • 便秘解消

といったものがあり、相乗効果によりそれぞれを単独で摂取するよりも効果が一層期待できます。

そして飲むだけでなく、リンゴ酢を肌に直接塗ったり、お風呂に入れたりすることで美肌効果が期待できます。

お酢は肌には刺激が強いのでは?と思うかもしれませんが、お酢の抗菌作用がニキビや吹き出物などに効果があると言われていますので、ぜひ一度試してみてください。

※ただし肌の弱い方は一度パッチテストを
試してください。



リンゴ酢が睡眠障害解消って本当?

以前「その原因Xにあり」という番組でりんご酢が睡眠障害に効果があると紹介されていました。

睡眠障害に悩んでいる日本人は現在なんと1500万人もいるのですが、

この症状は

じゅうぶん寝たのに朝起きてみると疲れが取れず、起きるのがつらい」という状態が何日も続くというものです。

これを単に熟睡できなかったと軽く考えてはいけません。

放っておくと糖尿病(Ⅱ型)の危険性も高くなると紹介されました。

一般的に朝起きるのがつらい人は

  • 低血圧
  • 体内時計が乱れている

と言われていますが

この睡眠障害の原因の1つと言われているのがジェットコースターように乱高下する血糖値「ジェットコースター血糖」です。

寝ている間は血糖値(血液に含まれる糖の濃度)は一定だと思うかもしれませんが、実は寝ていても血糖値が乱高下するのがジェットコースター血糖です。

なぜこのように血糖値が乱高下するのかというと、寝る前の山盛りご飯や甘いもの、アルコールなどの摂り過ぎよって引き起こされるからです。
(これらの食べ物は全て糖質が多いです)

そしてこの状態が続くと糖尿病(Ⅱ型)になりやすくなるだけでなく、脳卒中や心筋梗塞の可能性も高くなり最悪命に関わる危険性もあります。

自分がジェットコースター血糖かどうかは

●歯ぎしり、歯を食いしばる
●たくさん寝汗をかく
●怖い夢を見る

これらの症状がひとつでも当てはまると可能性があるので注意が必要です。

そんなジェットコースター血糖の睡眠障害を改善する方法として紹介されたのが「リンゴ酢」です。

このリンゴ酢夕食前に飲むことで、ジェットコースター血糖を抑えられます。

この睡眠障害対策用のりんご酢は大さじ1杯のリンゴ酢を大さじ5杯の水(合計90ml、炭酸水でも可)に混ぜて飲みます。

実際睡眠障害に20年悩んだ春香クリスティーンさんも食前にリンゴ酢を飲んだだけで起きるのがとても楽になり深い睡眠ができるようになったそうです。

もし自分にも当てはまると思った場合はリンゴ酢をお試しください。




リンゴ酢の1日の摂取量や効果的な飲み方について

睡眠障害の方は食前にリンゴ酢を飲むようにしますが、ダイエットの為に飲む場合は食後がおすすめです。

食前に飲むと胃に刺激を与えてしまうので食欲がアップしてしまいます。
(睡眠障害の方は食べ過ぎに注意してください)

1日の摂取量は大さじ1杯から多くても2杯までにしましょう。

その際に大さじ1杯分をそのまま飲んではいけません。

人間の食道は強い酸に耐えることができないので、お酢を飲もうとすると簡単に気管に入ってしまう可能性があります。

すると肺に酸を取り込むことになり、強烈な痛みを招くおそれがあります。

そのためリンゴ酢だけでなく他のお酢も含めてですが水や炭酸水、牛乳などに混ぜて飲むようにしましょう。

その際水90~100mlにリンゴ酢大さじ1杯(15ml)を混ぜましょう。

お酢の中では比較的飲みやすいリンゴ酢ですが、

どうしても飲みにくいという方はハチミツやオリゴ糖を少し入れて飲みましょう。

ダイエット目的で食事中に飲みたいという方は炭酸水でリンゴ酢を割って飲むことをおすすめします。

炭酸水で飲むことで満腹感を得ることができ食べ過ぎを防ぐことができます。

また健康のためにという場合も食事と一緒に摂りましょう。

血糖値の上昇を抑えたりカルシウムの吸収を高めたりする効果が期待できます。

そして運動する方は疲労回復の効果があるので運動後でも良いですが、筋力アップの効果や疲労が蓄積しにくい効果もあるので運動前に飲むのもおすすめです。

リンゴ酢を飲む際の注意点

リンゴ酢などお酢を飲む際の注意点はそのまま飲まずに水などに混ぜて飲むという以外に、お酢に含まれている酸によって歯の表面のエナメル質が溶けると言われています。

エナメル質が溶けると「知覚過敏」になりやすくなったり、エナメル質の薄い部分に虫歯菌が入りこみ、虫歯になりやすくなります。

りんご酢の摂取後はよく口の中をすすぎ歯に酸が残っていないようにしましょう。

リンゴ酢の正しい選び方

リンゴ酢は色々なメーカーで販売されていますができれば普通のリンゴ酢よりも純リンゴ酢をおすすめします。

「純リンゴ酢」はリンゴだけを使用したお酢ですが、ただの「リンゴ酢」ですとアルコールなど他の原料が混ざっています。

とくにこだわりがなければ「ミツカンの純リンゴ酢」で十分です。

ミツカンは普通のリンゴ酢も販売していますが、

この純リンゴ酢は国産りんご果汁だけを原料にした本物のリンゴ酢です。

ミツカン 純りんご酢 500ml

そしてさらにこだわりたいという方は「内堀醸造 美濃 有機純りんご酢」をおすすめします。

有機JAS認定なので農薬や化学肥料を極力使用せずに作った純リンゴ酢です。

内堀醸造 美濃 有機純りんご酢 150mlはこちらから

またリンゴ酢はお酢の中では比較的飲みやすいのですが、お酢が苦手な人には、それでも酸っぱくで飲めないという人もいるかもしれません。

そのような方には「内堀醸造 フルーツビネガー純りんご酢」をおすすめします。

こちらは普通のリンゴ酢よりも甘いので飲みやすいです。

甘いといっても砂糖や甘味料で甘くしたのではなくリンゴ果汁を加えて甘くしているので、お酢が苦手の人にも飲みやすいですし、純りんご酢と同様な効果も期待できます

原料は有機りんご果汁のみを使用しています。

内堀醸造 フルーツビネガー純りんご酢 360ml

さらに詳しく知りたい方は

リンゴ酢のおすすめ商品と正しい選び方!純リンゴ酢とリンゴ酢との違いは?をご覧ください。

まとめ

りんご酢はお酢が苦手な方でも飲みやすいのでおすすめです。

女性はダイエットや美容に男性は生活習慣病の予防に、そして運動している人は筋力アップや疲労回復のために飲むことをおすすめします。

飲み方はりんご酢を大さじ1杯から2杯を水で割って飲むのが普通ですが特に最近は美容や健康に効果があると注目されている炭酸水に混ぜて飲むとさらにダイエットや健康の効果が期待できるので是非ためしてみてくださいね。

そして最近は睡眠障害にもリンゴ酢が良いと言われています。

とくにジェットコースター血糖の心当たりがある方は食前にリンゴ酢を飲んで改善させましょう。

そしてお酢には色々な種類がありますがりんご酢の他にもうひとつおすすめなのが黒酢です。

健康はもちろん、美肌効果やダイエットにも最適な飲み物です。

黒酢の効果効能がスゴイ!ダイエットや美容、健康に良い理由と飲み方や本物の選び方

で詳しく書いてありますのでお時間ございましたらぜひご覧ください。

スポンサードリンク



2 Responses to “リンゴ酢の栄養と効果効能がすごい理由!効果的な飲み方と注意点、睡眠障害に効くって本当?”

  1. 吉岡和保 より:

    リンゴ酢は1日朝、昼、夜、と飲んでもかまわないですか?

    • tw0801 より:

      お問い合わせありがとうございます。

      お酢はあまり摂り過ぎると胃を痛めてしまったり
      歯にも悪影響を及ぼすこともあるので

      1日の飲む量は多くても30ml以内と一般的に言われています。
      朝、昼、晩と3回に分けても問題ありません。

      むしろ一度に30ml飲むよりも胃などの負担がないので
      良いですね。

      それではよろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ