くるみ油(ウォールナッツオイル)の栄養成分と効果や効能、正しい選び方を紹介

クルミ油ウォールナッツオイル)をご存知ですか?

最近とても健康や美容に良いと評判のオイルです。

料理に使用するのはもちろんのこと、肌に塗っても美肌効果が期待できる万能オイルです。

クルミ油(ウォールナッツオイル)はどのような種類のオイルなのか、また多く含まれる栄養成分や効果効能などについて紹介します。

スポンサードリンク

クルミ油(ウォールナッツオイル)の特徴と脂肪酸の効果効能

くるみは海外ではウォールナッツと呼びますが

くるみ油はくるみの仁(種)から抽出される油です。

くるみ油に含まれる主な脂肪酸は
リノール酸:57.4%

オレイン酸:19.1%

α-リノレン酸:13.1%

その他脂肪酸:10.4%

となっていて

グレープシードオイル」や「ヘンプシードオイル」と同じオメガ6系のオイルです。

リノール酸の効能と過剰摂取の注意について

脂肪酸の半分以上を占めるリノール酸は適量であれば

● 血圧を下げる
●皮膚の保湿
●子供の発育を促進する
などの効果が期待されているのですが

現代の食生活の中では
●お菓子やケーキ、パン、カップ麺、冷凍食品などの加工食品
●ファーストフード、レストランなどの油を使った料理
●コンビニ、スーパーの肉系の惣菜

などから自然に摂っている脂肪酸で無理に摂る必要はなく

逆に摂り過ぎると

●アレルギー症状が出る
●老化を促進
● 免疫力を弱めるなどの

影響が出る心配があります。

現在はリノール酸を摂り過ぎている人が多いので加工食品外食惣菜品(お弁当)などの食べ過ぎに注意しましょう。

オレイン酸の効果や効能

次に多い脂肪酸であるオレイン酸はオメガ9系のオリーブオイルの主要脂肪酸で

●体内の酸化や活性酵素を防ぎ脳や体の細胞を健康にする
●血液をサラサラにする
●悪玉(LDL)コレステロールを減少させる
● 動脈硬化・心筋梗塞の予防
● 便秘解消
●胃酸過多や胃潰瘍の予防

などの効果が期待されています。



αリノレン酸の効果や効能

そして脂肪酸で3番目に多いαリノレン酸オメガ3系亜麻仁油えごま油などに含まれている主要脂肪酸です。

αリノレン酸の一部は青魚などに多く含まれる脂肪酸のDHAEPAに変化します。

αリノレン酸DHAEPAには

●学習能力や集中力を高める
●記憶力の低下を防ぐ
●中性脂肪を減らす
● アレルギー症状の緩和
● 動脈硬化などの生活習慣病の予防
● ガンの抑制
●免疫機能を整える
●精神を安定させる
●うつの予防・緩和
● PMS(月経前症候群)の緩和

などの効果が期待されています。

※オレイン酸やαリノレン酸の効果を特に期待するならばそれぞれ含有量の多いオリーブオイルなどのオメガ9系のオイルやえごま油などのオメガ3系のオイルを選ぶようにしましょう。

ただオメガ6系のオイルの中でαリノレン酸もある程度の量を含んでいるのはくるみ油ヘンプシードオイルくらいなので貴重なオイルといえます。

また、くるみ油の脂肪酸はリノール酸(オメガ6脂肪酸)の含有量がαリノレン酸などのオメガ3脂肪酸約4倍ありますが

オメガ6オメガ3の割合が4:1で摂取するのが一番身体に良いと言われているので

くるみ油は理想的な脂肪分を摂取できるオイルなのです。

とはいえ他の食べ物でリノ―ル酸を摂りすぎないようにしましょう。

またえごま油などはαリノレン酸が熱に弱いため加熱料理にむいていない油と言われていますが、

くるみ油ビタミンEポリフェノールのなどの抗酸化作用が強い成分が多く含まれているので、140℃までの温度で短時間であれば炒め物のように加熱しても大丈夫です。

スポンサードリンク

くるみ油に含まれる栄養成分と効果や効能

栄養成分で注目したいのがまずはファイトケミカルです。

※ファイトケミカル”とは、植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された物質です。

抗酸化力、免疫力のアップなど、健康維持・改善に役立つと期待され、研究が進んでいます。

また、リフレッシュ効果もあります。

ポリフェノールも、ファイトケミカルの一種でこのほかカテキン、フラボノイド、カロテン類など、現在発見されているファイトケミカルは約1500種類ほどあります。

くるみ油はファイトケミカルが多く含まれていて、注目はフラボノイド系ポリフェノールの「ミリセチン」です。

ミリセチン抗酸化作用が強く、糖尿などの生活習慣病の予防や抗アレルギー、シミやしわの防ぐといった老化防止などの効果が期待されています。

またくるみだけに含まれるポリフェノールのペダングラギン、テリマクラジンは肝機能を促進して、生活習慣病などの予防や美白効果も期待できます。

また同じ抗酸化作用のビタミンEも豊富です。

ビタミンEの種類には通常α‐トコフェロールγ‐トコフェロールなどがあり、通常ビタミンEというとα-トコフェノールが一般的ですがくるみ油に多く含まれているのはγ‐トコフェロールです。

γ-トコフェロール抗酸化作用に加え、利尿効果もありむくみの原因の過剰なナトリウムを排出します。

ミネラルカルシウムマグネシウムカリウム亜鉛などが多く含まれていてカリウムγ‐トコフェロールと同様にむくみの解消の効果があります。

カルシウムマグネシウムは骨や歯の形成に必要な成分です。

カルシウムとマグネシウムはバランスをとりながら300以上のエネルギ―代謝に関わるカラダの機能の陰の立役者です。

カルシウムマグネシウム1:1~2が理想と言われていますが、

くるみ100g当たりの含有量がカルシウム98g、マグネシウム158gなのでバランスがとても良いです。

このようにくるみ油は身体や美肌に良い栄養成分が豊富に含まれているオイルです。

くるみ油の食べ方や使い方

くるみ油はクセがないのでとても使いやすいオイルです。

そのままくるみ油を直接飲むと味は無いのですがくるみの香りがほんのりとひろがります。

また人気のえごま油や亜麻仁オイルはαリノレン酸が多く含まれていますがクセが強くで苦手な人が多いですが、くるみ油はサラダにドレッシングのようにかけても味が邪魔をしないのでとても食べやすいです。

そして食べるだけでなく、肌に塗ると美肌効果もあります。

風呂上がりに顔や気になる箇所(肌や頭皮)に2,3滴を手で伸ばしてから塗るとサラリと吸収されて保湿効果抜群です。

ぜひためしてみてくださいね。



くるみ油の正しい選び方

くるみ油が栄養成分が豊富で肌にも塗っても効果があるのは、低温圧搾(コールドプレス)製法で化学処理をしていないオイルです。

サラダ油は植物を原料としているのに栄養がなく、トランス脂肪酸が含まれているのは高温で化学処理をして製造しているからです。

他の食用油を選ぶ時も同じですが、良い食用油は商品のパッケージに低温圧搾またはコールドプレス製法と必ず書いてありますので、そのような商品を選ぶようにしましょう。

おすすめ商品は「エミールノエル」の「オーガニックヴァージンウォールナッツオイル」です。

販売元のエミール ノエルはフランスの会社でオイルをオーガニックの植物の種を搾って生産する初めての会社です。

そして1972年からはオーガニック オイルのみを扱う会社となりこのウォールナッツオイルも低温一番搾り(ファースト コールドプレス)製法なので料理にはもちろんのこと肌に塗っても安心の商品です。

エミール ノエル オーガニック ヴァージン ウォールナッツオイル 230g

まとめ

くるみ油(ウォールナッツオイル)はオメガ6系のオイルですが、珍しくオメガ3系のαリノレン酸も含まれています。

料理は炒め物程度でしたら加熱しても良く、肌にも効果がある成分がたくさん含まれています。

ただ商品を選ぶ際には必ず低温圧搾(またはコールドプレス)製法と記載されている商品を選ぶようしてください。

サラダ油のように栄養成分がなくトランス脂肪酸がある油を使用している方には今すぐに替えてもらいたいのはもちろんのことオリーブオイルやえごま油など味やニオイが苦手という方にはクセのないくるみ油(ウォールナッツ)はおすすめですよ。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ