メイクしたまま寝てはいけない理由。しっかり対処法を知っておこう

あなたは毎日のメイク落としをきちんと
していますか?メイクは身だしなみとしては
とても大切な役割をしていますが、
肌にとっては、「余計なもの」でしかありません。

肌に保湿などの足りていない成分を
おぎなうことは必要ですが「色」は
必要なものではないからです。

メイクをしたまま寝てはなぜいけないの
でしょうか?その理由をきちんと知った
上で対処方法を実践しましょう!

スポンサードリンク

ひと晩で3歳も老化を早めてしまう

メイクをきちんと落とさずに、
ひと晩寝てしまうだけで、3歳は老化を
すすめてしまうといわれています。

また、元の肌の状態にもよりますが、
さらにすすめてしまう場合もあるとも
言われています。

なぜかというとファンデーションには
肌をサラサラに保つための成分が
入っています。

長時間つけていると、肌が「乾燥している」
と感じるために皮脂が出てきます。

そのせいで皮脂が毛穴をふさいで
しまい、肌荒れや乾燥の原因に
なってしまうのです。

これは、皮脂や角質が混ざり合って
毛穴に残ることで、「角栓」と言われ
だんだんと毛穴が目立つようになります。

この状態になると改善するのにとても
時間がかかり、あるいはもとの肌の状態
に戻らないということもあります。

応急処置で保湿対策を重ねていっても
あまり効果も上がらなくなってしまいます。

保湿が十分にできない状態が
続くと真皮のシワができてしまいます。

スポンサードリンク

顔ダニの大量繁殖の原因やターンオーバーの機能低下に影響する

メイクをしたまま寝てはいけない
要因のひとつに、含まれている成分も
関係しています。

ファンデーションには油分が多く
入っているので、長時間そのままに
しておくとファンデーションの
油分が酸化していきます。

この酸化したものが(過酸化油脂)
刺激物となり肌へダメージを与えます。

また顔には顔ダニと呼ばれるダニが
誰でも生息していますが、このダニは
油分が大好物で、皮脂はもちろん、
メイクの油分も大好物なので大量繁殖
しやすくなるのです。

この顔ダニは、少量(平均)なら
なんの問題もありませんが、
数が増えてしまうと炎症などをおこし
肌のトラブルの要因になりますので
覚えておきましょう。

メイクをしたまま寝てしまうことを
繰りかえすと古くなった細胞を
捨てるという肌本来のターンオーバー
という機能が正常に機能しなくなって
しまいます。

この機能がちゃんと機能しなくなると
角質が溜まり大人ニキビの原因に
なったり、くすんだ状態になるので透明
感もなくなります。



メイクを落とし忘れた翌朝の緊急対処法は4つ

  • いつもよりていねいにメイクを落とすこと
  • 無しタオルで毛穴をひらくこと
  • いつもより優しく洗顔をすること
  • いつよりていねいに保湿ケアをすること

特にこの4つです。ただ気をつけて
欲しいのは、ていねいにメイクを
落とすと言うのはゴシゴシと洗うのでは
ありません。

専用のリムーバーを使ったりと
いつもより何十倍も気を使ってください。

肌はひと晩で大分乾燥していて
デリケートになっています。

洗顔も泡で優しく円を描き肌に
負担をかけないように洗います。

また念入りに保湿ケアも
忘れてはいけません。

時間があればパックをすることが
ベストですが、朝の忙しい時間には
難しいと思うので、コットンで
ローションを多めにつけて簡易パック
でも充分です。

気をつけるのは、コットンが湿っている
うちに次のステップに進むこと。
乳液やクリームできちんとふたを
することをお忘れなく。

前日のメイクをきちんと落とさない上から
メイクをすることだけは絶対に避けましょう。
肌への負担は増大です。

もちろんきちんとメイクを落とす
ことが第一です!!

まとめ

  • 老化を早めないようにメイクを落とすこと。
  • メイクを油分で顔ダニの大量発生をさせない。
  • メイクを落とし忘れた翌朝のお手入れは特に「優しく」を忘れないこと。

そして、翌日のメイクは軽めにしましょう。

睡眠不足VSメイクを落とさないで寝た
場合の肌へのダメージが強いのは?

圧倒的に後者です。寝不足でできた
クマなどはメイクでカバーができますが、
化粧のノリがわるいことに関してのカバーは
難しいです。

その日のメイクはその日のうちに落とすように
心がけておきましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ