大人ニキビの原因は5つ。改善方法を知って自分に合うスキンケアをみつけよう

鏡をみて若いころとは違うところにポツポツできたニキビ。
治ったと思ったらまたポツポツと、それ「大人ニキビ」です。

思春期ニキビとは原因もできる場所も違います。
治りが悪かったり、跡に残りやすかったりと症状も色々です。

またいくら洗顔しても治る気配がないと悩む方もいるのではないでしょうか?
大人ニキビの原因を知って、正しい改善、ケアのしかたを見つけていきましょう。

スポンサードリンク

大人ニキビの原因は主に5つ

ホルモンバランスの乱れ

大人ニキビの大きな原因のひとつです。
ニキビの原因となる皮脂分泌を促す男性ホルモンDHEAと皮脂を抑え肌のバリア機能をアップする働きの女性ホルモンのエストロゲンとのバランスが崩れてしまうことが原因になります。

生活習慣の乱れ

食生活や睡眠不足などが続くことが原因です。
睡眠中に肌のターンオーバーが行われます。

睡眠不足ですとターンオーバーが乱れて肌トラブルになってしまいます。
また油分の多い食生活、バランスの悪い偏った食生活を続けていることで(特にビタミンの多い野菜不足)大人ニキビを増やしてしまうことになります。

ストレス

睡眠不足を同じで、過剰なストレスをうけると体は防衛本能から、男性ホルモンやアドレナリンを分泌し皮脂の分泌を促します。毛穴つまりをおこしてニキビの原因になってしまいます。

乾燥

肌の角質層の乾燥は肌のバリア機能を低下させて角栓ができやすくなり、毛穴つまりをおこしてニキビの原因につながります。空気での乾燥のほかにも、男性ホルモンにも肌を乾燥させる作用があります。

間違ったニキビ薬

市販のニキビ薬には色々な種類があります。
大人ニキビと思春期ニキビでは原因が違うのでケアも異なります

大人ニキビに思春期ニキビ用の薬を使ってしまうと肌が必要以上に乾燥してしまい悪化させてしまう場合もあります。

スポンサードリンク

大人ニキビの改善法も主に5つ

皮膚の清潔と充分な保湿

汚れを除去してお肌を乾燥させないことです。
汚れを取り除くさいに、洗浄力の強い洗顔料をつかう必要はありません。

ぬるま湯で顔を濡らしてよく泡立てた洗顔料で肌を包みこむように優しく洗いましょう。
決して力強くゴシゴシとは洗わないように。肌を傷つけたり、必要な皮脂まで取ってしまいます。

洗顔後はタオルで軽く水分をとり、皮脂分泌をコントロールしてニキビを抑える作用のビタミンC誘導体配合のものやさらには、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの保湿成分の高い化粧水や美容液で整えます。

紫外線対策

紫外線を浴びてしまうと大量の活性酸素が発生して肌トラブルが起きやすくなります。
それによってターンオーバーが乱れることも。年間を通してUVケアなどの紫外線対策を行いましょう。

肌荒れ予防の食生活

体の中からもしっかりケアしていく必要があります。そのためには動物性脂肪や糖分、刺激物などの摂取を控えて、肌ケアになるものを積極的に取っていきましょう。

食事はバランス
・ビタミンA(肌のターンオーバーを正常に整える作用)ほうれん草、かぼちゃ、にんじん他
・ビタミンB(脂質の代謝をケア)乳製品、卵、うなぎ、マグロ、レバー他
・ビタミンC(メラニン沈着防止、コラーゲンの生成促進)緑黄色野菜、いちご他
・ビタミンE(ホルモンバランスのケア、ニキビのできにくい肌質へ)レバー、カツオ、緑黄色野菜

※これらは一部です。バランスよく摂るようにこころがけましょう。

十分な睡眠時間の確保

睡眠不足はストレスの要因にもなります。約7時間程度の睡眠時間を確保できれば理想です。またより、リラックスできるように就寝前の入浴やアロマなどを使って工夫するのもよいでしょう。

適度な運動をして体を動かすこと

運動することでストレス解消になったり、運動することで血流もよくなり体内に十分な栄養を届けることができ、肌にもホルモンバランを保つためにもとても効果的です。

まとめ

  • 大人ニキビの原因は5つ。特にホルモンバランスや生活習慣、ストレスなど様々要因が合わさって肌トラブルとなることが多い。
  • 大人ニキビの改善方法も5つ。肌を優しくケアすることはもちろんのこと日々の食生活や睡眠、ストレスレスなどを継続していくことが大切です。
    大人ニキビのタイプも色々あります。改善がみられない場合は、専門の医師に相談することも必要です。
スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ