鼻の黒ずみ原因は色々。解消法を見つけてあなたに合ったスキンケアを始めましょう!

目尻のシワ、シミ と並ぶくらい気になる顔の肌トラブルってありますか?
「鼻の黒ずみ」って気になりませんか?「いちご鼻」ともいわれています。そんなに可愛いものではないですよね?
なぜ黒ずみになってしまうのでしょうか?

簡単に自宅で出来る解消法ってあるのでしょうか?
今回は原因とご自宅でのケアをご紹介していきます。

スポンサードリンク

鼻の黒ずみって

毛穴に皮脂や角質がたまり酸化して黒ずんでいる状態のことを「いちご鼻」とも言います。
鼻は皮脂の分泌が多く、汚れや角質がたまりやすい部分です。
この部分のケアを間違ってしまいますと、毛穴に汚れ等がたまり、黒ずみ(いちご鼻)をひどくさせてしまいます。
詳しい原因を知って、それに合った解消法でひどくさせないようにしましょう。

黒ずみの原因は?

鼻の黒ずみの原因はひとつではなく、色々な原因が考えられます。
埃であったり、古い角質やファンデーションなどの落としきれなかったメイクなどの汚れなどが混ざり、「角栓」という硬いものになり鼻の毛穴に詰まってしまい、これが黒ずみと呼ばれます。

この角栓は鼻の毛穴に詰まって空気に触れると酸化して黒くなるのです。
毛穴じたいは、汗を分泌したり体のなかの老廃物を排出する役割をするものです。
皮脂も通常に分泌すれば肌を乾燥や、空気中の雑菌から守る大切な役割があります。

肌は一定の周期で表皮が新しく生まれ変わるターンオーバーをおこないます。
ターンオーバーが正しく行われなくなると、毛穴に汚れが溜まった状態が続き、そのまま酸化して黒くなってしまうのです。
ターンオーバーの乱れは、睡眠不足やホルモンバランスの乱れが原因でおこることもあるといわれています。

スポンサードリンク

鼻の黒ずみの解消法は?

1番目の解消法は正しい洗顔

基本は「優しく」です。

  • 肌をこすってしまわない
  • 洗顔は短時間で済ます
  • ゴシゴシを洗わない
洗顔のポイント
洗顔料などは刺激の少ないタイプを選び、
優しく泡立てて、「泡」で洗うことを意識しましょう。

こすってしまうと角質層にあるセラミドや
天然保湿因子まで洗い流してしまうのでこすらないように注意。

ぬるま湯(30~35度くらい)で洗うと汚れも落ちやすくなります。
あまり冷たいと毛穴を引き締めてしまうので汚れが落ちなくなってしまいます。

ゴシゴシと洗ってしまうと皮脂が過剰分泌することもあるので、短時間に優しくぬるま湯で洗顔をするのがポイントです。

2番目は、保湿すること

洗顔後には、肌は乾燥しているので、出来るだけ早く保湿成分の多い化粧水などでケアをしましょう。
注目したい成分は、美容効果のある「ビタミンC誘導体」が配合されたものや、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分で肌に潤いを与えて美肌効果があるものを手のひらやコットンで優しくケアしましょう。

3番目は、紫外線対策

普段の生活の中では、紫外線対策をしましょう。
これはターンオーバーを乱す原因になります。
毎日のケアの中で紫外線対策もかならず取り入れましょう。

鼻の黒ずみケアの注意点

  • はがす毛穴パックは、毛穴が開きやすくなるので頻繁には使用しないこと。
  • ピーリング成分の石鹸や洗顔料は定期的に使うのには効果的ですが、毎日つかうと肌を傷つけてしまう原因にもなりますので注意をしましょう。
  • 洗顔時には冷水は毛穴を締めてしまいます。また熱すぎると必要な皮脂まで取ってしまうことになるのでぬるま湯で洗うことを心がけましょう。

まとめ

  • 鼻の黒ずみは、古い角質や汚れなどが酸化したもの「いちご鼻」とも呼ばれる。正しい解消法をしらないと悪化させてしまう。
  • 鼻の黒ずみの原因は色々。その中でも睡眠不足やホルモンバランスなどからもおこるターンオーバーによる原因が大きい。
  • 黒ずみの解消法の1番は「洗顔」基本は優しく、短時間で。その後「保湿」をしっかりと行うこと。
  • 注意点としては刺激を肌にあたえないこと、はがす毛穴パックやピーリングは頻繁にはやらないこと

鼻のケアは優しく、しっかりが基本です。
黒ずみはこすって取れるものではありません。

日頃からお手入れ(特に洗顔)を丁寧に行うことと保湿に気をつけていくスキンケアを目指しましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ