シークワーサーは栄養満点。効果も美容や健康にと多様的なくだものです

「シークワーサー」って沖縄の方言で「酸っぱいたべもの」の意味だそうです。
和名では「ヒラミレモン」ミカン科のくだものです。
シークワーサーの主な産地は、沖縄県です。それも主に大宜味村。

この村は長寿でも有名で、そこで育ったシークワーサー。
体にとってもいい気がしませんか?
シークワーサーの魅力的な成分や効果を詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

シークワーサーの魅力的な栄養成分

代表的な栄養素といえば「ノビレチン」です。
柑橘系の植物に含まれているポリフェノールのなかのフラボノイドの一種です。
フラボノイドというと、アントシアニンやフラボノールなどが有名です。
この「ノビレチン」もとても優秀です。

・がんの抑制効果
・ 血糖値の抑制
・ 糖尿病の予防、改善
・ ダイエット効果(脂肪燃焼)
・ 美白効果
・ アレルギー症状の軽減など

また「ヘスペリジン」が含まれています。
このヘスペリジンもポリフェノールの一種です。

この栄養素は皮やスジに多く含まれているので、
熟していくと含有量が減少してく特徴があります。

・血流の改善
・冷え性の改善
・高血圧予防
・アレルギー対策、予防
・骨密度低下の軽減
・生活習慣病の改善など

ヘスペリジンは抗酸化作用と、末梢神経を強化する働きがあります。
他にも、疲労物質を取り除く効果のある「クエン酸」やリラックス効果や免疫力向上の効果がある「リモネン」、抗酸化作用があり細胞修復機能や中性脂肪の増加を防ぐは働きの「エリオシトリン」など。

ビタミン類も豊富で特にビタミンCを多く含んでいます。

スポンサードリンク

シークワーサーの効果と効能

美容効果がすごい

シークワーサーに含まれているノビレチンやビタミンCは肌の老化を抑えて
美肌効果を助ける
働きがあります。

ノビレチンには、「シワやほうれい線の予防」「過剰な皮脂の分泌の抑制」「炎症抑制」「肌の新陳代謝の促進」などの働きがあります。

ビタミンCには「コラーゲンの生成を助ける」「抗酸化作用が高く細胞の老化を防ぐ」「メラニン色素の生成を抑制」などの働きがあるので美容効果に期待ができます。

脂質代謝改善の効果がある

シークワーサーに含まれている、ノビレチンやシネフリンは脂質代謝の改善や、脂肪の燃焼を促進する作用があるといわれています。

ノビレチンには「肥大化した脂肪細胞を縮小」「過剰に取り込んだ脂肪の消費を促進」「内蔵脂肪の減少」などの働きがあります。

またシネフリンには「交感神経の働きを活性」「脂肪分解酵素リパーゼの分泌を活性」などの働きがあります。
これらの働きにより内臓脂肪の減少、メタボリックシンドロームの予防やダイエットにも効果があるのです。

その他にも血糖値上昇の抑制効果や、高血圧の予防、など色々な効果、効能があるといわれています。

最近では花粉症の症状の緩和に「ヘスペリジン」と「ノビレチン」がよいとあげられています。これらの成分はアレルギー反応による炎症を抑える効果と、アレルギー物質の元でもあるヒスタミンの放出を抑える効果があることが認められています。

まとめ

  • シークワーサーの栄養成分は豊富。特に柑橘系に含まれるポリフェノールの「ノビレチン」はシークワーサーの代表的な栄養素として上げられている。またおなじポリフェノールの一種でもある「ヘスピリジン」は強力な抗酸化作用と末梢血管を強化する働きをする栄養素で皮に多く含んでいるが、熟すほどその含有量は減少していく特徴もあるので覚えておきましょう。
  • シークワーサーの美容効果にも優れている。中でも「ノビレチンとビタミンC」がとても美肌効果があり、皮膚の老化を抑えて、肌をきれいにしてくれる効果が高い。また脂質代謝の改善や脂肪燃焼の促進などの効果やアレルギーにも幅広く対応してる魅力的なくだものです。

シークワーサーはとても魅力的なくだものです。

酸味が強くなかなかそのままでの摂取が難しい場合、いまはジュースやサプリメントタイプなど色々なタイプがあるのでご自分にあった取り方で継続して摂取してみるといいですね。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ