八丁味噌の特徴と効能とは。なぜブランド論戦が起こったのか?

大豆を発酵させた味噌は、身体に良いと言われていますよね。

それは日本だけではなく、
今では世界中で、健康食品として味噌が注目されています。

特に八丁味噌が注目されている事をご存知ですか?

今回は話題になっている八丁味噌のブランド論戦の内容と、
テレビなどでも紹介されている、八丁味噌の特徴と効能をまとめました。

スポンサードリンク

八丁味噌のブランド論戦って何?

「GIマーク」をご存知ですか?
日本では、「伝統的な食品」「伝統的な農産物」を、
国の登録制度により、地域のブランドとして登録し、保護する仕組みがあります。

2017年12月に愛知県で八丁味噌が登録されたのですが、
ここで問題が発生したのです。

愛知県八帖町で作られた味噌だけが八丁味噌だと主張する

江戸時代創業の老舗2社
(江戸時代から続く製造方法で、木のオケで熟成させる)

愛知県が産地と主張する

愛知県内他のメーカーなどで作る組合
(金属製のタンクも認めた製造方法です)

この論戦の行方は
今回の申請で国は、組合側を登録したそうです。

登録が決定したのだから、仕方のない事!
と老舗2社が認める訳もなく、論戦になっていると言う訳です。

でもおかしくないですか?
「GIマーク」と言うのは、「伝統的な食品」とあります。
江戸時代から変わらぬ製造方法が認められないなんて…
と私は思います。(私の勝手な意見ですよ)

昔ながらの八丁味噌の特徴とは?

八丁味噌は、大豆と塩のみで水を少量しか使わない特徴があります。
手間も時間もかなりかかるので、
大量生産が難しいと言われています。

2年以上熟成した八丁味噌は、
大豆のうま味を凝縮したと言えるほどの
  • 濃厚なコク
  • 渋味
  • 酸味
  • 苦味
これらを感じる事が出来ます。

八丁味噌と言うと赤味噌より色が濃い分、塩分が多いイメージがありますが、
実は他の味噌より、塩分控えめです。
塩分を気にされている方にはおすすめの味噌です。

またカロリーも控えめです。
大さじ1杯のエネルギーは、39
水に溶かすとさらにヘルシーになると言うからビックリです。
味噌汁の場合、大さじ1杯のエネルギーは、25となります。

スポンサードリンク

昔ながらの八丁味噌の効能!

本来なら味噌を作る時、
大豆を煮て作るのですが、八丁味噌は大豆を蒸して作ります。

その為、「メラノイジン」と言う成分が溶け出す事がない為、多く含まれています。

メラノイジンとは
抗酸化作用が高いので、体内にある活性酸素を除去する働きがあります。

八丁味噌の凄い効能
  • メラノイジンの効果により、動脈硬化の予防・老化予防
  • 糖分の吸収率を抑える為、血糖値の上昇を緩やかにする
  • コレステロール値を下げる
  • 糖尿病の予防
  • 腸内環境を整え便秘予防
特に八丁味噌を使った料理が多い愛知県では、
糖尿病による死亡率が少ないと言われています。

味噌として考えるなら、
女性ホルモンと似た様な働きがあると言われている、
大豆イソフラボンの存在を忘れてはいけませんよね。

最近では、生活習慣病やガン、骨粗鬆症の予防にも効果があると解明されています。

味噌自体も凄い効能がありますが、
それ以上に優れているのが、八丁味噌と言って良いと思います。

まとめ

  • 昔ながらの製造方法で作った八丁味噌は、残していきたいですよね。
  • 赤味噌と言うより黒味噌みたいな色ですよね。
  • 八丁味噌の塩分が控えめな事にはビックリしました。

八丁味噌を料理に使った事ありますか?

私は今回、八丁味噌についてまとめてみて、
改めて八丁味噌の効能の凄さを知りました。

特に糖尿病予備軍の方や、すでに糖尿病の方には、
八丁味噌はおすすめだと思いますよ。

味噌には家庭ごとにこだわりがあると思いますので、
いきなり変えるのは無理だと思います。

しかし調味料として、
八丁味噌を加えてみるのも良いのではないでしょうか?

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ