肌の菌活でより良い状態の肌を維持しましょう。正しいケア方法とコスメをご紹介。

最近よく聞く「肌の菌活」。

肌には腸のなかと同じように常在菌(肌フローラ)がおり、そこには善玉菌と悪玉菌(日和見菌も)がいます。
肌の菌活のことをよく知り潤いのあるお肌を保つ肌の菌活をしてみませんか。

スポンサードリンク

肌の菌活とは

肌には腸の中と同じように常在菌(肌フローラ)がいて、その中には善玉菌(美肌菌)と悪玉菌(日和見菌)が存在しています。

この善玉菌は外部からの刺激を守ってくれる働きがあり、健康な肌の維持に大切な働きをしてくれます。
肌の菌活とは、善玉菌と悪玉菌のバランスを保つ状態のことをいいます。
このバランスが崩れてしまうと、ニキビや肌荒れの原因にもつながってしまうのです。

スポンサードリンク

主な善玉菌(美肌菌)

表皮ブドウ球菌

肌の善玉菌の代表と言ってもいいでしょう。
肌を弱酸性に保つ役割をします。
皮脂を脂肪酸とグリセリンに分解して天然の潤い美容液成分になる働きをしてくれる菌です。

サーモフィルス菌

セラミドを作りだす酵素をもっていると最近注目されています。
肌のバリア修復機能に欠かすことのできない菌です。

アクネ菌

悪玉菌の増殖を抑え、肌を弱酸性に保つことをサポートする菌ですが、実は日和見菌ですので悪玉菌が何かの原因で増殖してしまうと一緒になって肌トラブルの原因になることがあります。

主な悪玉菌

黄色ブドウ球菌

人間の全身の肌に存在していて普通は無害な菌ですが、洗顔のしすぎや、乾燥などで肌の状態が「アルカリ性」に傾くと、急激に増えてしまい敏感肌のトラブルの原因になってしまいます。

マラセチア菌

肌カビとも呼ばれています。
もともと肌に存在しています。
皮脂をエサにしているので増殖すると大人ニキビの原因になります。

アクネ菌(悪玉)

ニキビの原因にもなるのは悪玉に属す一部の菌です。
特に皮脂が多く、古い角質に囲まれた毛穴を好み繁殖してしまいます。

これらは悪玉菌の代表的なものです。
悪玉菌は常在菌が多いですが、善玉菌が良好な状態であるときは、おとなしくしている菌です。

美肌菌を育てる菌活方法(スキンケア)主に3つ

肌の菌を取りすぎる洗顔やクレンジングには注意

肌の汚れを取ることは大切ですが、そのために刺激の強いクレンジングや洗顔料を使うのは避けましょう。
またすすぎは充分にすることは大切ですが、ごしごしとこすったりして洗ったりしないこと。

肌の環境を悪くし、悪玉菌を増やし、肌トラブルの原因になります。
朝はぬるま湯か水のみで洗顔、洗顔料などは夜のみなど1日1回にしましょう。

殺菌作用の強いスキンケアはNG

毎日使用するスキンケアには、防腐剤やアルコールの入っていないものか、少なめのものを選ぶことが大切です。
お肌の常在菌は防腐剤やアルコールにとても弱い菌です。
毎日使用していると「美肌菌が育たない」肌になってしまいますので注意が必要です。

化粧品に多く頼りすぎないこと

過剰なスキンケアによって肌のバランスを崩してしまうことがあります。
肌は基本的に健康的な状態を保つ力があります。
肌の様子を見ながら最小限に抑えましょう。

注意点
  • ピーリングやスクラブ、シェービングの多用は避けましょう。角質をいためる原因になります。
  • 洗顔のしすぎ、洗顔料等の使いすぎは、肌表面のバリア機能を弱めます。
  • 防腐剤や殺菌成分の多くはいっているもの使用しない。美肌菌のダメージになります。

おすすめ菌活コスメ

ビオニスト


(化粧水)…育菌スキンケア 100ml GPトレーディング
肌の常在菌の潤い成分を産生し肌を健康にたもつ働きの美肌菌を増やして、育てて強くする目的の乳酸菌生産物質を使用した化粧水です。美肌菌を活性化して保湿することで美肌を維持していきます。

オリゴロジック


(美容液)…美肌菌美容液 30ml
オリゴ糖の力で美肌菌を増やしていきます。化粧水の後にオリゴロジックを1滴(化粧水に混ぜても可)お肌になじませたあと、通常のお手入れをします(乳液、クリーム)オリゴ糖のなかの成分のひとつが美肌菌のエサとなり、肌の活性化、悪玉菌を抑えることができます。

まとめ

  • 肌の菌活とは…肌の常在菌の善玉菌と悪玉菌(日和見菌)のバランスを保つこと。バランスが崩れてしまうとニキビなど肌荒れの原因になります。
  • 主な善玉菌(美肌菌)…肌を弱酸性の状態を保ち肌のバリア機能などの修復を修復できる菌です。
  • 主な悪玉菌…ほとんどが肌に存在しているものです。悪玉菌の好むアルカリ性の状態に肌がなり急速に増殖した場合にニキビなど肌のトラブルが起こります。
  • 美肌を育てる菌活方法…洗顔料は刺激の少ないもので1日1回すすぎも優しくしっかりと(常在菌を取りすぎないようにする)スキンケアは美肌菌が好まない防腐剤やアルコールいりは避けましょう。時間があるときに肌を休ませることが大切です。

肌の菌活は腸内の環境を整えることにも似ています。善玉菌を上手に育てて、悪玉菌とのバランスを保ち健康的な肌の維持を目指しましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ