よもぎ茶は日本ハーブの代表。栄養と効能を知り健康と美肌を維持しよう

最近よく聞く「よもぎ」は、いろいろな形にかえて、体へのアプローチをしてくれる万能薬であり、日本ハーブの代表です。今回は「よもぎ茶」の栄養成分や、効能などを詳しく説明していきます。

スポンサードリンク

よもぎ茶とは

よもぎは日本では比較的にどこにでも生えていてキク科の多年草です。
名前もいくつかあり「モチグサ」「ガイヨウ」「エモギ」など、他にも様々な呼ばれ方をしていることがあります。
食用のよもぎは、主に地上から顔を出したばかりの新芽を利用します。

加工品として扱われるよもぎの場合は、自社栽培しているところも多いです。
またノンカフェインの「よもぎ茶」は、こどもからお年寄りまで安心して飲むことができます。(※アレルギーの方は注意が必要です)体に優しいだけではなく、栄養素もたくさん入っていていろいろな効果、効能があるといわれています。

スポンサードリンク

よもぎ茶の成分と作用

主な成分は、タンニン、クロロフィル、シオネール、ビタミンB群、ミネラル群、食物繊維、リノール酸などです。
主な作用としては、抗酸化、抗糖化による健康維持、老化防止、デトックス、貧血、冷え性改善、代謝向上、整腸作用、美肌効果、月経トラブル緩和、抗アレルギー作用、殺菌作用などまだまだ魅力的な作用があります。

魅力的な効能

抗酸化作用と抗アレルギー作用のクロロフィルム

ポリフェノールの一種であるクロロフィルは、コレステロール値の減少や血液をサラサラにする働きがあります。
またアレルギーを抑える働きもあるので、高血圧の改善、免疫機能を高める効果、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状改善などの効果が高いといわれています。

腸の働きをコントロールするタンニン

ポリフェノールの一種であるタンニンには抗酸化作用と整腸作用があるので、下痢の改善に効果があります。また抗酸化作用によりコレステロールの酸化を抑制しますので高血圧の改善にもよいといわれています。ほかに有害物質を体外に排出するはたらきがあり、体内に溜まったダイオキシンや残留農薬などを出してくれます。

冷え性の改善にシオネール

よもぎ茶に含まれているシオネールには血液の流れを良くし、冷え性の改善に高い効果があるといわれています。

妊娠中の女性に必要な栄養素

よもぎ茶はノンカフェインです。また妊娠中に不足しがちな、ビタミン、ミネラル、鉄分などを豊富に含んでいるので特に摂取してほしいのみものです。(飲みすぎは注意)

アンチエイジング効果があるカロテンとタンニン

カロテン(ビタミンA)が多く含まれています。抗酸化作用のあるタンニンの働きと相まって、老化を促進する活性酵素の抑制することで、ガン予防やアンチエイジング効果があります。またカロテンは、整腸作用もあるので、お腹の調子も整えてくれます。

リラックス効果のビタミン類とカルシウム

よもぎに含まれる、ビタミンB1.B2.Cが神経系を安定させてストレスを軽減させる、リラックス効果や安眠効果があります。またカルシウムも精神安定作用の効果がありますので毎日摂取していきましょう。

注意点

  • よもぎ花粉アレルギーのかた
  • 多量に飲むと便秘や下痢になることがあります。
  • 薬を服用している場合は事前に医師、薬剤師に相談すること。よもぎのなかのタンニンが薬の効果を薄めてしまうことがあります。

まとめ

  • よもぎ茶は…ノンカフェインで子供からお年寄りまで幅広く飲むことができる栄養成分が豊富にはいっていて、体によいお茶です。
  • よもぎ茶の成分と作用…ポリフェノール、食物繊維、ビタミン、ミネラルほか。作用も抗酸化、抗糖化作用、老化防止、デトックス、冷え性改善ほか多数の作用があります。
  • 魅力的な効能…主なもので血液をサラサラにして高血圧の抑制、コレステロール値の減少、アレルギーをおさえる作用によりアレルギー性皮膚炎の症状改善。また整腸作用や有害物質を体外に排出する作用や冷え性やアンチエイジングにも効果があります。
  • 注意点…よもぎアレルギーのあるかた、薬を服用しているかたは事前に医師に相談が必要です。また飲みすぎてしまうと、下痢や便秘になることもありますので注意が必要です。

よもぎ茶の効果が実感できるまでには、3カ月は飲み続けることが必要です。また味や香りに抵抗がある場合は、茶葉の場合であれば、他の飲み物にまぜて緩和させてみてもいいでしょう。(粉末にする必要があります)
体に優しく、特に女性によい効能が多いよもぎ茶。日頃飲むコーヒーや紅茶をかえて、体の中からきれいになりましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ