コーヒーの優秀と言われる栄養成分と効能は?効果を高める飲み方とタイミングをご紹介

コーヒーを飲みますか?
1日に何杯飲みますか?

普段何気なく飲んでいるコーヒーですが、適量を飲むと、優秀な健康をサポートしてくれる飲み物だと、いろいろな報告があがっています。

優秀な成分は?

どのタイミングで、どんな効果があるのか正しく知っていきましょう。

スポンサードリンク

血管に良い成分と効能

クロロゲン酸

ポリフェノールの一種で、「コーヒーポリフェノール」と呼ばれていることもあります。

コーヒーの色や香りや苦味の成分でもあります。

効能は、血管に吸収される、糖や脂質を防ぐ効果があります。
また、血糖値の上昇をおさえる効果もあります。
また抗酸化作用にも優れていて、血管を酸化から守り、硬くなることから守る効果もあります。

カフェイン

血管拡張作用があります。
カフェインは体内で血管を広げ、血液の流れをよくしてくれます

そのため腎臓の働きもよくしてくれます。

効果の良い飲み方とタイミング

1番良いのは、「ブラック」です。甘味が欲しい場合や胃が荒れそうな心配がある場合は、ミルクをいれて飲みましょう。

ポイント
ミルクの代わりに「豆乳」にするとさらに健康飲料として、優秀になります。
豆乳もポリフェノールの一種の「イソフラボン」が含まれています。
ポリフェノールを同時に数種類摂取すると相乗効果があるといわれています。

ただし砂糖はできるだけ避けること。
砂糖により血糖値があがってしまうからです。
また血糖値が急激に上がりますと血管を傷つける場合があります。

飲むタイミングとは

朝の食前に飲むのが良いでしょう。
血糖値の上昇を抑えるには非常に効果的なタイミングです。

朝コーヒーを飲むことで、その時だけではなく、1日の血糖値の上昇が緩やかになるといわれています。

スポンサードリンク

脳に良い成分と効能

クロロゲン酸

血管だけでなく、脳にも効果があるといわれて注目されています。
認知症のリスクがコーヒーを飲まない人より65%低下したという研究結果もでています。
またアルツハイマー病により脳でアミロイドβが増えることをクロロゲン酸が防ぐ働きがあるといわれています。

カフェイン

脳や脳幹など神経運動を高め、記憶力や思考力、運動機能の向上など脳の活性化に効果を発揮します。

脳に効果のある飲み方と食べ合わせ

飲み方は

ブラックコーヒーかソイラテ(豆乳いりコーヒー)で飲みましょう。

食べ合わせ

この時にさらに効果をあげることができるちょっとした食物があります。

チョコレート

チョコレート(できたらビター)には、カカオポリフェノールが、入っていますのでクロロゲン酸とのポリフェノールの相乗効果になり脳の活性化に効果があります。

ミックスナッツ(ナッツ類)

ナッツにはレシチンという脳を活性化させる栄養成分が含まれていますのでとても効果的です。

ポイントと注意点

  • 1日の適正量は、3~4杯です。それ以上飲みましても効果は上がらずかえって体にはマイナスになる場合もあります。
  • 就寝前に飲む場合は、4時間前までに。カフェインの効果は飲んですぐから効果を発揮して、3時間後にピークになります。
  • 妊娠中や授乳中は医師と相談の上で飲用しましょう。
  • 小さいお子さん(小学生くらいまで)発育途中には習慣にはさせないこと。(刺激物でもあるので)

まとめ

  • コーヒーに含まれるクロロゲン酸とカフェインは、抗酸化作用や血糖値を緩やかにする作用、血管を拡張し血液の流れをよくする効果があります。
  • 朝食前にブラックか豆乳を入れて飲むと、より効果的ですが、砂糖は出来るだけ避けましょう。
  • 脳を活性化させる働きやアルツハイマー病の抑制にも効果があると言われるクロロゲン酸とカフェインを含んでいます。
  • ブラックかソイラテで飲むと良いでしょう。
  • チョコレートやナッツ類と一緒に摂ると脳の活性化にとても効果があります。
  • 1日の適正量は3~4杯です。
  • 妊娠中、授乳中の場合は医師に相談し、小さいお子さん(小学生)には刺激物であるコーヒーはできれば避けましょう。

昨今コーヒーにもいろいろな効果があることが解かってきている中、適量を守り健康をサポートしてくれる飲み物として上手に利用して、「脳卒中」「動脈硬化」「心筋梗塞」「認知症」などからのリスクから守っていきましょう。

またコーヒーはインスタントでも、缶コーヒーでも豆から抽出液を凝縮したものですから効果には差がないと言われています。忙しい朝に手軽に飲める方法で飲んでいきましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ